"KICK-ASS " 

0
    一発目のレビューは『キックアス2』です!
    前作から3年、世界中の度肝を抜いたアイツら(というかヒットガール)が、ちょっぴり大人になって帰ってきましたよ!
    今回の物語の軸は、前作からちょっと成長した3人のキャラクター。少し見ないうちにバキバキの体に仕上げていたキックアス(アーロン・テイラー・ジョンソン)、背も伸びて大人っぽくなったヒットガール(クロエ・グレース・モレッツ)、一部に熱狂的な支持を受けている究極のバカ、レッドミスト(クリストファー・ミンツ・プラッセ)の3人です。
    主役のキックアスを演じるテイラー君はねえ、なんかこう・・・鍛えすぎ(笑)お前強そうじゃん!って体をしてるんですよ。もうなんかプロレスラーみたいになっちゃってるんですね。これはまさか強くなっちゃってるの・・・?と思って不安なOPでしたが、そこは僕たちのキックアス、やっぱり弱い(笑)なんだよ!これ!見掛け倒しかよ!とツッコミながら観ていると、彼は今回は「強くなりたいから鍛えてくれ」ってヒットガールにお願いするんですよ。これが1つ目のテーマですね。「キックアスの成長」。で、ヒットガールはちゃんと付き合ってあげるんですね。クロエに寝技とか教えてもらってるんですよ!羨ましいですねえ!腕ひしぎ十字固めとかご褒美でしかないでしょうと。はい。で、そんなこんなしていると、レッドミストも登場するわけです。前作のラストでキックアスに父親をバズーカで粉微塵にされた人ですが、いやあ、笑わせられましたねえ今回も。序盤で実の母親にとんでもないことをしでかすんですが、余りにもバカバカしくて爆笑しました。彼は復讐の心に燃えているので、前回はスーパーヒーローのレッドミストだったのに、今回はスーパーヴィランに、その名もマザーファッカーに変身して復讐するんです。「マザーファッカーの復讐」が2つ目のテーマなわけです。名前に総ツッコミを喰らっても彼はめげずに頑張ります。キックアスのように鍛えようとします。格闘家を雇ってスパーをするんですが、30秒くらいで半泣きになります。もうこの辺も笑いっぱなしでした。坊ちゃん、大丈夫スカ?と手下に心配されると、「・・・・うるせえ!俺には金がある!おいお前ら、雇ってやるから悪者になれ!」ってスパー相手とか強い人たちを金で釣って色々な悪者を生み出していくんですよ!もうね、この悪の結社お立ち上げの行が超絶面白かった!というのも、マザーファッカーさんが一人一人に命名していくんですね。これは最高でしたねえ。どこぞの芸人がちゃらけた雰囲気で命名するのとはワケが違いますから!マザーファッカーさんは本気ですから!本気で考えた結果が超しょうもないんで笑えるんですよ!もうこれはここ最近で一番笑ったシークエンスでした。クリストファーのコメディアンの才能には毎回びっくりですね。
    で、今回のテーマの3つ目が、「ミンディのヒットガールと普通の女の子の狭間で揺れる心」ですね。ビッグダディの友人である保護者(刑事)との約束で、ヒーロー活動を禁じられてしまうんですねー。それは父との約束でもあるから、ミンディはヒーローを辞めちゃうんですよ!えええええって感じですよねえ。あ、時々ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)の遺影が背後に映り込むんですが、これがツボでした(笑)メッチャいい笑顔してるんですよ(笑)
    で、じゃあキックアスは一人でやれんのかっていうともう全然ダメなわけです。ヒットガールの指示で、前半に「ひとりでできるもん」よろしく、うさんくせえポン引きのカッコでガラの悪い兄ちゃん達に絡まれに行くんですが、最初は善戦しても1対多数だとやっぱりダメなんですよ。案の定ボコられてから、カットが切り替わるとそこにはヒットガールがいるんですね。これかっこいいですよ。「よっ!待ってましたッ!」と言いたくなるような登場で、敵をボッコボコにした後にヒットガールが言うセリフが超かっこいいので、ここは見所の一つですね。この後にミンディは保護者の刑事に禁止されているヒーロー活動がバレて禁止を食らうという流れです。で、キックアスはどうすんのかと。他のヒーローたちとチームを組むんですね。前作以降、街には多くのヒーローが増えたんですね。だっせーコスプレでみんな頑張ってるんです。そんな奴らとフェイスブックで繋がり、チームを組む。そんな中でストライプス大佐(ジム・キャリー)と出会って立ち上げるのが、「ジャスティス・フォーエヴァー」という自警団です。「ジャスティス・フォーエヴァーの闘い」が4つ目のテーマですね。ジム・キャリー演じるストライプス大佐の愛犬がドーベルマンなんですね。このドーベルマンは悪い奴のキンタマを噛むように調教されているんですよ!最高ですね、この設定。というわけで、今回は4つのテーマを軸にストーリーが展開するわけです。
    整理しましょう。
     屮ックアスの成長」
    ◆屮泪供璽侫.奪ーの復讐」
    「ミンディの心の葛藤」
    ぁ屮献礇好謄ス・フォーエヴァーの闘い」
    このうちですねー、が面白いんですよ。今まで殺しの技術ばっかり磨いてきたミンディは、高校の同年代の女の子達に巧く溶け込むことができないんですねえ。そらそうでしょうね、って話ですよね。で、そんなミンディを、クイーン・ビー(スクール・カーストにおける女の頂点)のグループが助けてあげるんですね。イケてない女の子をイケてる子が磨いてあげるってよくあるストーリーですが、これがねえ、一筋縄じゃいかないんですね(笑)
    持ち前のアジリティで、体育の授業で人気者になったミンディですが、その先には酷い展開が待ってるんですよ。これはリアルでしたねえ。で、そっからの展開が熱いんですね。誰がミンディを救うのかと。これは良くできた展開でした。スカッとしました!
    ネタバレしてもいいところはこの辺までかなあ。後半でもうひとつのテーマが加わります。これは言っちゃいけないと思うので伏せますが、今回は物語も描写も残酷さが増しています!ウンコもゲロも出てきます!みんなで下品を楽しもうぜ!という心意気に痺れることができるかどうかで、だいぶ満足度が変わってくるかなーと。
    あとはもう劇場で!って感じです。とにかく前作のファンなら楽しめること間違いなしです。アクションもみんな頑張ってます。特にラストの大乱闘シーンは最大の見所です。ヒットガールが魅せます。おおおおおおおおっ!ってなるCGが使われてます。あれはかっこよかった。

    評価はS+!何回でも観たい!

    日本では2月22日公開です。

    ・・・・せーのっ
    「ジャスティス!!フォーエヴァー!!!!」
     


    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2017/07/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM