【レビュー】『007 スペクター』(15)−集大成という位置づけが生んだ皮肉

0
    本日から先行公開されている『007 スペクター』のレビューです。ダニエルのファンだからこそ、僕はこの作品を甘んじて受け入れることはできませんでした。

    【レビュー】『007 スペクター』(15)−集大成という位置づけが生んだ皮肉

    #007 スペクター #ジェームズ・ボンド #ダニエル・クレイグ

    『グローリー/明日への行進』レビュー

    0
      INTROに『グローリー/明日への行進』のレビューが掲載されました。

      http://intro.ne.jp/contents/2015/06/11_1759.html

      次は監督インタビューのまとめだー。 #映画 #グローリー #キング牧師 #黒人差別 #投票権法

      『雪の轍』(2014)レビュー掲載情報

      0
        ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の『雪の轍』のレビューがINTROに掲載されています。

        チェーホフの2つの短編をベースにしたストーリーに、ジェイラン監督らしい映像が溶け合った3時間の人間模様。

        芸術としての映画を愛する人に激しくオススメです。ぜひ劇場で!

        http://intro.ne.jp/contents/2015/06/06_1843.html

        『サンドラの週末』レビュー

        0
          ダルデンヌ兄弟の最新作『サンドラの週末』のレビューがINTROに掲載されています。

          http://intro.ne.jp/contents/2015/04/24_1956.html

          一貫して生活の厳しさを描いてきたダルデンヌ兄弟の作風はそのままに
          画面構成には新鮮な変化も。マリオン・コティヤールの名演も光ってます。

          5月から公開です。よろしくおねがいします。

          『イマジン』(2012) レビュー

          0
            ポーランド出身のアンジェイ・ヤキモフスキ監督作品『イマジン』のレビューがINTROに掲載されています。

            http://intro.ne.jp/contents/2015/03/28_2214.html

            ポルトガルの古都リスボンを舞台にした本作は、「視覚障害者の恋愛」というモチーフと映像美、音響、すべてが美しい新感覚の恋愛映画なので、映画好きにはたまんねえ作品になっています。よろしくお願いします。

            『スーパーローカルヒーロー』(2014)

            0
              3月21日より公開の『スーパーローカルヒーロー』のレビューがINTROに掲載されています。
              尾道に住む、ちょっと不思議ですごく素敵なおじさんの日常を映し出した、じんわりと心が温まるドキュメンタリーです。

              http://intro.ne.jp/contents/2015/03/06_1637.html

              アカデミー賞関連作ばかりが取り沙汰される季節ですが、本作のように日本の日常を切り取った
              素敵な作品もあります。どうぞよろしくお願いします!

              『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)マスコミ試写

              0

                『アモーレスペロス』(2000)、『21g』(2003)などで知られるアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の最新作『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)のマスコミ試写に行ってきました。FOXの試写室に行くのは初めてでしたが、席の距離感もちょうどよく、かなり見やすかったです。

                で、めちゃくちゃ面白かったですね。脚本が素晴らしかったので、ある程度確信はあったのですが。キャストの人生を反映させたストーリーを超長回し(に見える)1カットで見せながら、複雑な人間模様をコミカルに描き出していて、あっという間の2時間でした。

                レビューがINTROに掲載されています。
                http://intro.ne.jp/contents/2015/02/15_2210.html

                本作では撮影監督のエマニュエル・ルベツキの撮影術が大きく取り上げられていますが、テクニカラー社の「カラリスト」(映像編集担当)である、スティーブ・スコットの編集技術も素晴らしいですね。本作においてスティーブが施した編集の具体的な内容は下記のビデオがうまくまとめています。
                http://nofilmschool.com/2014/09/colorist-really-films-video-takes-look

                アンサンブル・キャストの名演と究極の映像表現、予想を裏切る展開の連続……。
                映画における表現の可能性を大胆に押し広げた本作は見逃し厳禁です!


                『はじまりのうた』(14)

                0
                  『はじまりのうた』(14)のレビューがINTROに掲載されています。
                  ジョン・カーニーからニューヨークへの、ラブレターのような素敵な音楽映画でした。
                  http://intro.ne.jp/contents/2015/01/26_1947.html

                  『博士と彼女のセオリー』(2014)

                  0
                    先日、かの高名な理論物理学者、スティーヴン・ホーキング博士の人生を描いた伝記映画『博士と彼女のセオリー』の完成披露試写に行ってきました。そしてレビューがINTROに掲載されました。※ネタバレ有り http://intro.ne.jp/contents/2015/01/18_2038.html
                    アイス・バケツ・チャレンジで知られるALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症から悪化までを、身体表現を巧みに使い分けて表現した主演のエディ・レッドメインの名演は皆さんに是非見ていただきたいです。3月から公開です。どうぞよろしく。

                    『ゴーン・ガール』(2014)

                    0
                      イントロに『ゴーン・ガール』のレビューが掲載されています。
                      http://intro.ne.jp/contents/2014/12/24_2041.html
                      おそらくここ十年で最もよくできたサスペンスだったのではないでしょうか。

                      今年のオスカーの主演女優賞は、ロザムンド・パイクに一票。ぜひ劇場で。
                       


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:156 最後に更新した日:2017/07/10

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM